ばあちゃんから貰ったと思われるお小遣いを拾った

今日、お金を拾いました。

ポチ袋に筆ペンで

「こどもの日」

「○○」(こどもの名前)

「頑張って」

と書いてて、裏には、

「ばあちゃん」

と書いていました。

今は10月。こどもの日にもらったお金を取っていて、今日使うつもりで持っていたのかなとか、色々考えました。(20秒くらい)

どうするか、、この地域は初めて来たので、交番がどこかも知らないし。ふと見ると道路のそばの家におじいちゃんがいたので、ポチ袋を見せて、こう言う名前の子を知らないか聞いてみようと思った。なぜならあまり聞かない名前なので知っていたら直ぐ分かるだろうと。聞いてみた。しかし、残念ながら知らないそう。

道路の向こうに男性がふたりいたので(以下同文)

どうするか。

そう言えば、ここは○○学園というバス停の近くです。

○○学園の幼稚園?に聞いてみた(以下同文)

向かいの中学?高校?に聞いてみた。始めに聞いた事務員さんらしき女性は分からないとのこと。ちょっと遠いけど警察に届けようとしたら、職員さんらしき男性が「どうしたの?」聞いてきたので事情を説明(事務員さんが)。

すると「いるいる!」と。生徒さんで○○の名前がいるとのこと。

一安心して帰ってきました。よかった~(^-^)

おばあちゃんがくれたお金がちゃんと孫ちゃんに届いてスッキリしました。

私cobutaは、けっこうお金を拾う方かと思います。

思い出すだけで

・空港でセカンドバッグ(何十万円)

・アパートの階段(8千円)

・テンントビル(12万円)

・旅先の横断歩道(1万円)

・神社の境内(1万円)

・スーパー(1万円)

空港で拾った時は、案内所に届け出をしている時に、落とし主の夫婦が血相かかえて来ていました。新婚旅行に行くところだったそうです。

落とし物しないように気をつけようと思いました。落とされたお金が「オレここに来る予定じゃなかった」と言っているかも。

 

“ばあちゃんから貰ったと思われるお小遣いを拾った” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です