那覇市共同墓にお墓参りしてきました

先日、親戚の年忌法要があったので、那覇市の共同墓地に行きました。

cemetery of Naha city

天気も良くて気持ちよかったです。

cemetery of Naha city

振り返るとこんな感じ。右手に見えるのが、管理事務所です。

cemetery of Naha city

ky

cemetery of Naha city

今日は、どなたも墓参りされている方がいなくて、私たちだけでした。

cemetery of Naha city

cemetery of Naha city

cemetery of Naha city

cemetery of Naha city

香炉と供花をお供えする花瓶とうちかび専用の缶があります。

 

丸椅子が5脚ありました。腰かけて上を眺めると、きれいな青空。

cemetery of Naha city

 

今日は、そのままそとでお墓参りしましたが、お経をあげてもらいたい時とかは、参拝室があります。一回、五百円です。納骨の時はこの参拝室をお借りして、お坊さんにお経をあげていただきましたcemetery of Naha city

cemetery of Naha city

 

墓地はとてもきれいでした。

親戚の方は家族が居なくて、「自分が死んだら、お墓どうしよう。」悩んでいたので、那覇市だとこんなのがあるらしいよと、話したら、「自分が死んだ時はここに入れて欲しい」と話していたので、この共同墓に納骨しました。

 

合葬で一回きりで、三万円でした。

 

布袋に一体づつお入れして、合葬するそうです。一回お預けすると、もう返してもらえることは出来ません。

 

定期間預かって頂く事も出来るそうです。

 

親戚の方は、独身だったので、それっきり納骨してもらえたらいいと言っていたので、この共同墓に納骨しました。

 

共同墓はしっかりしていて、沖縄では心配の常である台風でも、大丈夫じゃないかと思いました。

 

私もここでいいかなと思いましたが、夫と同じ海洋葬でもいいかな。

 

生きている間に、子供たちにお話ししておきたいと思いました。

ヘアドネーションしてきた。抜け毛は役立つか?

髪の毛が伸びに伸びて、こんな感じでした。

 

ヘアドネーションオバケ?暗闇にこんな人が目の前に現れたら怖いです。

本当は夫が入院中にヘアカットする予定たてていたんですが、考えてもいなかった夫の急逝で、美容室に行くタイミングを逃してしまって。

おしりまであります。

ヘアドネーション

もともと縮毛で、年に一度くらい縮毛矯正をしていました。根元が縮れていますね。

ヘアドネーション

真ん中に目立つ白髪が一本ある。髪の毛は全く染めていません。真っ黒です。

ヘアドネーション

カット面がきれいになるように、バリカンでカットしました。長いところは50センチ超えてます。

縮毛矯正してもらいました。軽い。やっぱり真ん中に一本、目立つ白髪がありますね。

ヘアドネーション

美容師さんの技と薬剤ってすごいですね。あんなにうねっていた髪の毛が、こんなになるんですから。

ついでと言ってはなんですが、家にある髪の毛も持ち込みしました。

ヘアドネーション

これ抜け毛なんです!掃除をすると、毎日どさっとあるんです。いったい毎日どれくらい抜けるんだろうと集めてみたら、すごくたまるビックリするくらいたまる。捨てる前に集めてみようと掃除のついでに集めていました。抜け毛なので長さは70センチありました。

画像上の方の毛束は、縮毛矯正したての頃の髪の毛。真っ直ぐです。下の方の毛束は最近のです。縮毛が切れて、うねうねです。

はたして、抜け毛でも役にたつのか、美容室の方が気持ち悪がって引かないか心配しながらもっていきました。結果、大変喜んでいただきました。「抜け毛でも役立つ」そうです。今回切った髪の毛と一緒に送ってくれるそうです。そして、「お客さん、ウイッグ作る所で働けるんじゃないですか。」とおほめの?言葉をいただきました。

 

今回の縮毛矯正、なんと8時間もかかりました。

普通、4時間ほどで終わると思いますが。予約が朝の10時だったので、午後2時に一度終わったんです。ところが、美容師さんいわく「キューティクルが丈夫で薬剤が染み込んでいない。」「このままで帰す訳にはいかないので、今日もう一度初めからやり直すか、都合のいい時にもう一度来てもらえないか。」と言われ、合わせ鏡で確認したら、なるほど、うねりが残っていました。

この日は他に予定を入れていなかったので、再施術?してもらうことに。

終わったのが、午後6時過ぎていました(笑)

美容師さんも疲れた事でしょう。私も疲れたけど、仕上がりに大満足で、気持ちよく帰宅しました。

 

美容室に行く事を家族に話していたんですが、まさかこんなに時間がかかっているとは知らず、姉と息子が心配して何度も電話をかけたらしく、不在着信がいっぱいでした。心配してもらえるなんて、幸せ。(*´▽`*)

 

そして帰り際、美容師さんが一言。「ちなみにですけど、お客さんの今の髪の毛でも長さがあるので、抜け毛役立ちますよ。」と言われました。(笑)

また集めようかな。。

6月3日は「測量の日」

今日、6月3日は測量の日ですって。しってました?

昨夜、何とはなしにパズルでもしてみようかなと、家に唯一あるパズルをしました。

出来上がって見てみると「あっ!測量の日だ!」と思い出しました。

測量の日パズル

このパズル、十年以上前に県庁に用事があって行った時に、一階のロビーで配布していました。なんとはなしにもらったのですが、ハマりにハマりまして、未だに私の手元にある訳です。(ピースが2つ行方不明。)

昨夜は本当に4年ぶりくらいにこのパズルをしたんです。そしたら、あら、って感じで。

ネットで調べたら、昭和24年6月3日に測量法が制定。平成元年に建設省(現国土交通省)が、測量法の制定40年を記念「測量の日」としたらしい。です。

左下の赤いターバンの人物は、「科学大好き、好奇心イッパイの男の子、マッピーくん」だそうですよ。

 

パズル、それだけに集中出来るので好きです。

 

沖縄県は

11の市

11の町

19の村

があるそうです。

進まなかったお片づけ、娘夫婦が来てくれたので大分片付いた

ここ一か月くらい、本当になんにもする気がおきず、朝起きて行動するまで五時間ほどぼーっとする毎日でした。

夫のいなくなった生活を受け入れるために心が無理をしているのか、なんなのか分らないけど、やらなきゃいけない事は頑張ってするけど、夫の遺品の片付けが中々出来ませんでした。

夫を慕ってくれた人達に形見分けを少しづつしていますが、お仏壇も買ったので、部屋の模様替えをしなきゃと思い始めて一か月。

昨日、娘から電話「模様替え手伝おうか。今日はやらない?」と。ちょうど、やっとの思いでシャワーを済ませて身支度整えたところだったので、「お願いできる?」と聞いたら、「オッケー!実は今、母さんの家の前まで来てる。夫くんも休みだから一緒だよ。」

家の前まで来て電話してくれるなんて、ありがとうねと思いました。

 

夫くんはとても力持ちなので、一人で動かせなかった家具を全部移動してもらいました。小さい物は自分でも動かせるのでね。

 

片づけが終わって、三人でご飯を食べに行きました。お礼に私が会計するつもりで。

今日は娘夫婦が運転するからと、私はビールも飲んで、美味しいご飯も食べて、会計する事に。

しかし、娘夫が先にレジに行って「いいですよ。今日は僕が。」と言ってくれたので、ありがたくごちそうになる事にしました。ありがとう。

娘夫がカードを提示したところ、「すみません。カードは取り扱いしてないんです。エディか現金しか使えないんですよ。」とのこと。じゃあ現金でとお財布を見たら、いつもカード払いらしくお札は千円札が一枚しかなかったようでした。

そこで、「たくさん手伝いしてもらったし、今日は母さんが払うよ」とお財布を見たら、20ドル札が一枚千円札が一枚しか入っていません。汗。

すると、娘が笑いながら「もう~私が出すよ。」とカバンからお財布を取り出すかと思ったら、お財布を忘れてきた事にいまさら気がついたよう。汗。

「車に少しあったはず。」と駆け足で車に向かう娘。

千円札を四枚、手にして戻ってきた娘。

お会計は五千円余りでした。笑。

娘の四千円と娘夫の千円と私の千円で無事お会計出来ました。

最近本当に頭が回らず、一日ぼーっと過ごすことが多いので、お財布にいくら入っているか把握していませんでした。

 

反省。

でも、楽しい一日でした。帰りには孫も見てきたし、母にも会ってきたので、充実した一日。

明日から、模様替えがんばろっ。

 

かわいくておいしい大阪のお土産と土産文化

娘が「大阪に行ってきた。」とお土産を持参で遊びに来ていました。

元祖 大阪みたらしだんご

大阪のみたらしだんご

大阪のみたらしだんご

大阪のみたらしだんご

おいしくて、お皿によそう間もなくお腹のなかに。

見た目、みたらしだんご?と思いましたが、中に砂糖醤油のあん?がいい具合に入っていて、幸せいっぱい。

包装紙を見ると「あべこべに団子の中にしょうゆだれ。おいしおまっせ!!」と書いています。

 

大阪とらカップ

もう一つは、かわいいクッキー

大阪とらカップとらカップ

カップに引っかけて楽しみます。

てっきりねこちゃんかと思っていたら、とらでした。

おいしいものをいただくと、幸せな気持ちになりますね。

お土産という文化は他の国でもあるのかな。

先日、叔母がアメリカから里帰り旅行で来日。叔母は二十歳の時に渡米したので日本の文化をあまり知らないのか、お土産は一つもなかったです。

数年前に来日した別の叔母さん(叔父さんの奥様)は南米の出身ですが、びっくりするほどお土産を抱えて来ていました。今までに三回来ていますが、毎回どっさりとお土産を持ってきてくれます。衣類から靴、雑貨、香水、食品まで。

初めて来た時、インスタント珈琲をもらいましたが、今や世界は小さくなってい、家の近所のスーパーで時々特売で出る珈琲でした。

この叔母さんは、二か月くらい沖縄にいたので、自分で地元のスーパーに買い物に行って自炊していたんですが、お土産でもってきた珈琲がスーパーの棚にたくさん並んでいるのを見て大笑いしていました。飛行機に乗せてお金かけて持ってきたのにと。

あと、ドイツ人の若いカップルからは「ドイツのお菓子」をもらいました。

国によってお土産の文化って違うのか、個人差なのか。

幸せな気持ちになれるなら、お土産はプレゼントしたいと思った一日でした。