かぎ針編みの服と聞き違い

昨日公園に行った時、かぎ針編みのベストを着ているマダムとすれ違いました。

以前は「レースのかぎ針編み」のしなやかで女性らしいワンピースとかブラウス、スカートとか好きでよく買っていました。

それで数年前の出来事を思い出しました。その時の話を。

その日は総かぎ針編みの上下セット、ブラウスとスカートを着て買い物をしていたのです。

すると、私より20歳くらい年上の見知らぬ女性に声を掛けられました。

「もしかして、◯◯◯?」と私の名前を言ってきたので、はいと返事をしました。実家は昔々小さい宿泊施設をしていて、その当時の幼少期の私を知っている人に時々声を掛けられることがあったので、その関係の方かな?と思い笑顔で「そうです。」と返事をしたんです。

その女性との会話

女性「もしかして、◯◯◯?」

私「はい。」「そうです。」(笑顔)

女性「とっても綺麗ね。」

私「・・・あ、ありがとうございます。」

女性「どれくらいかかったの?」「本当にステキ。」

私「???」(どういうこと?_?)

女性「本当に綺麗ね。」「これ大変だったでしょう?」「手編みスゴイね。」

ここまできたら、私は勘違いに気が付きました。自分の名前を言っていると思ったのが勘違いで、

もしかして、てあみ?」と聞いていたのです。手編みです。「もしかして手編み?」笑。

似たような名前たくさんありますよね。てるみとか。あゆみとか。まさみとか。

聞き違いに気付いたものの、こんなに褒められたら、手編みじゃなくて既製品ですなんて、なんだか弁解しにくくなったぞ、どうしようと思っているうちに、その女性は会計が終わり、軽く会釈をして帰っていきました。

弁解する時間もなかったのでそのままになりました。

もう今なら聞き違いをする事はないでしょう。まあ、あれから若干大きくなったので、あの頃のかぎ針編みのワンピースは着れませんがね。すでに売っちゃたし。

 

そうそう。公園の桜はさくらんぼになってきていました。

あれ?なんでだろう、画像がアップ出来ない。さくらんぼになってきつつある桜の木を撮ってきたのに。明日また試してみます。

さくらんぼ

10分ほどして再試行したら、出来ました。なんで?


3月30日18:00までドメインキャンペーンしています。
新規契約でドメイン1つプレゼント(.com/.net/.org/.biz/.infoからいずれか)私もこのキャンペーンの時に申し込みました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です