山口へ行ってきました1 新山口駅の垂直の庭がすてきだった。

山口県へ行ってきました。直行便がなかったので一回福岡へ行き、そこから新幹線で山口へ。

新山口駅垂直の庭

新山口駅で降りました。初山口県です。

新幹線改札口からバス停がある北口にいく通路(南北自由通路)を通りました。その通路がよかったです。「空気が気持ちいい〜」と思って通路の壁を見たら、植物がいっぱいでした。なにかイベントでもあるのかと思い何枚か写真を撮りました。

通路の壁全体に植物が植わっています。

壁の上の方

同じく壁の上の方

空気が瑞々しくてスッキリです。

初山口で交通事情もよく分からず、時間が読めなかったので急ぎ足で北口バス案内所へ。

 

バス案内所の職員さんが親切

北口のバス案内所で色々教えてもらいました。

案内所の壁に南北自由通路について説明がありました。

簡単に書くと

フランス人のアーティストであり植物学者のパトリック・ブラン氏デザインの「垂直の庭」と呼ばれるもので、垂直庭園という概念は氏の発明。世界で200以上の垂直庭園を手がけている。

これまでは、世界の植物を持ち込んで造園していたが、数年前に新山口駅を訪れた時、自然豊かな風景に感銘を受け、新山口駅は山口の植物だけで庭園を作る事にした。

 

垂直の庭でこんなことが出来るのかと感動しました。アーティストでもあるからか、美しかったです。庭園というより生け花を見ているようでした。

壁のチラシを熱心に読んでいると、バス案内所の職員さんから声が、

「どちらからですか?」

「何時までにどこに行かれるの?」

と、目的地と時間を伝えると

「それなら、ちょっと歩けば国宝瑠璃光寺五重塔まで行けますよ。」と教えていただきました。

その他にも一日◯回バスに乗るのなら回数券がお得ですよ。とか、待ち時間に色んな情報を教えていただきました。すっごい助かりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です