風呂場のカビ取り。60度のお湯をかけた後、ラップでカバーしたら結構おちた。

風呂場のカビ取りしました。

風呂場のカビ、床とか壁はすぐ落ちるけど、ドアのパッキンがなかなかおちない。

これもまたテレビとラジオ情報ですが、カビは40度以上の熱をかけると死んでしまうとか。本当?(疑り深い)カビ掃除の前に熱いお湯をかけるといいそうなので、湯沸かし器で60度まで設定出来るので、掃除の前に60度のお湯をかけて、漂白剤をラップでカバーしてみるとどうかなと試してみました。

これでも、1回は終わったところ。初めを撮り忘れました。

1回目終わったところ。頑固!!

カビキラーをシュッシュッしてラップでカバー。

2回目終わったところ。少しおちてきた?

3回目のカビキラー&ラップ。

おっ!結構おちてきました?(^^)

4回目終了。薄くなったけど、真っ白にはならないです。

このお湯をかけて掃除する方法を習慣化するとカビが出にくくなるとか。週に1回かければいいと言っていました。くれぐれもやけどには注意してください。

本当にカビが出にくくなるのか、しばらく観察してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です