バッグのリペア2 ベルトが取れてしまったので、皮を買って直してみました。

バッグのリペア

以前直したバッグの反対側のベルトが取れてしまいました。以前のはベルトをとめていた物が糸がほどけてバリっとめくれる感じで取れましたが、今回はベルトをとめていた皮?がちぎれてしまっています。以前のリペア記事はここ→バックのリペア 取れてしまったベルトを縫い付ける

現状

悲惨な感じでちぎれてしまっています。

remake-bag-2

リペアに取り掛かる

とりあえず、ちぎれた部分を取り外しました。下の薄茶色の皮は買ってきました。幸い歩いてすぐの所に皮革製品を販売修理しているお店があるので、すぐに材料は揃います。出来るだけ近い色が欲しかったのですが、皮質と色を見てもらって、これがいいのではとアドバイスをもらいました。

材料

1.皮革  216円でした。

2.靴用の茶色クリーム

3.皮用 保護、ツヤだしクリーム

 

皮の色を変える

茶色の靴クリームと保護クリームを混ぜて、柔らかい布で塗り込みました。だいたいこんな感じでいいかな。

 

形を切り出す

取れた部分をのせてペンで型を書きました。

 

裏貼りを外して移す

こんなふうに、裏に紙で裏貼りされています。

裏張り用の紙を外し、新しい皮革の裏に両面テープで貼り付けました。

 

いよいよ縫い付け

バッグ本体の針穴を増やしたくないので、忠実に同じ所に穴を開けます。

 

本体側の縫い口

前回閉じたポケットの脇をほどき、指を突っ込んで縫いました。

 

どんどん縫っていく

一通り縫い終わり。

ポケットの脇もまた閉じました。

色を調整して完成

縫い目の糸が目立っていたので、これも同じく靴クリームで上から塗り込めました。

最初の材質より、皮質がよくなって満足です。(*´▽`*)

私は自己流で自己責任でやっています。参考にされる方がいらっしゃるかも知れないので、ぜひ自己責任でお願いいたします。ペコリ。m(__)m


エックスサーバ使っています

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です