伊是名島へ行く アクセスプチ情報

先日、伊是名島へ行ってきました。伊是名島は初めてだったので、アクセスや宿のことなど、調べたので記録しておきます。

伊是名島は海がきれいで風光明媚。旅館の食事も美味しかったし、島をあっちこっち散歩してリフレッシュするには最高でした。資料館も資料が豊富で興味深いものがたくさんありましたよ。

今日は交通機関について書きたいと思います。

島へ行くにはフェリー

島へはフェリーで渡ります。天候に左右されるので、天気が悪い時、特に台風シーズンは出かける前に伊是名村のサイトで確認してからがいいです。フェリーの運行状況は、毎朝7時40分に更新されます。航行時間は約1時間。

下に地図を入れてますが、那覇から遠いです。那覇から運天港までのアクセスについては伊是名村のサイトが詳しいのではぶきますが、バスやタクシーで行くと大変です。車での移動がベスト。車でも那覇から2時間くらいかかります。

運天港の港内駐車場は以前は空いていたら無料で利用出来ましたが、今は駐車禁止だそうです。(平成30年1月30日現在、運天港に電話で確認)

 

今回は伊是名島で知り合いの車を借りることになっていたので、自家用車は港の前にある有料駐車場を利用しました。1日500円です。

フェリーに車を乗せる場合は予約が必要です。

 

 

参考までに

     島でレンタカーを借りる    島に車で乗り入れる
   日帰り 1泊 2泊

駐車料金

500 500 1,000

 フェリー

往復料金

3,440

小型車3〜4m

12,790

(運転手込み)

 レンタカー

軽自動車

 5時間

3,090

 24時間

3,600

追加1時間毎500円

 合計 7,030 7,540 8,040〜  12,790
※乗船料金は車の長さで違います。※乗船料金とは別に環境協力税が100円かかります。※車を乗せるには要予約。※出港の10分前には乗船すること。※車を乗せる時は30分前までに船の前で待機です。

乗船券を買ったらいよいよ船に乗ります!

 

フェリーのなかは快適

いよいよ乗船

フェリーいぜな尚円

尚円王のイラストがドーンと描かれています。

 

船内

椅子席と座敷があります。この座敷が寝心地最高。紺色の枕と水色のブランケットが自由に使えます。匂いもないし、きれいですよ。いろいろ気になる方は使わないでしょうけど。

船酔いしなければ、甲板に出て海を眺めてもいいけど、なんせ乗り物弱いので、舟に乗る時は大概寝ています。フェリーいぜな尚円は気持ちよく眠れました。

 

お手洗い

トイレも綺麗に掃除されていて気持ちよかったです

子供用の座具もありました

工夫しどころだなと思ったのは、トイレのドア

磁石です。揺れても大丈夫!ドアを開けると磁石でガチッとくっつくので、船が揺れてドアに指を挟むことはないです。

 

伊是名島仲田港

寝ているかお手洗いかだったので、あっという間に伊是名島到着

フェリーの窓から瓦屋根

 

港内駐車場には

すごい低いハイビスカスの木。地面近くに花が一輪咲いていました。ハイビスカスのまわりはガザニアが。

ガザニアがいっぱい。ガザニアって強いんでしょうか。南大東島でもものすごくはびこっていました。南風原町でも。沖縄の気候にあっているんだろうなと思っていましたが、去年、山口に行ったときにも咲いていました(下画像)

山口赤十字病院バス停前の花壇

こうして比較して見ると、山口のガザニアは植栽しているのかなって気がします。お花、赤いし。沖縄で野生化しているガザニアって、色が薄い黄色というか、白っぽいです。

 

今日は伊是名島への交通機関について書きましたが、次は、民宿と島の魅力を少し書きたいと思います。楽しかったので^_^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です