ぼけっとしていたら、炊飯器がべたべたになったので掃除をした

一人になって、あまりご飯を炊かなくなりました。食事も半分くらいになっています。

それでもこないだ、夜中に「明日はお粥食べたいな」と思い、眠い目を必死にあけて、炊飯器にセットしました。眠いのは、飲みにいってたのもあるんですけど。

朝起きて、楽しみに炊飯器へ。見ると、なんだかすごく汚れている。どうやら、メニューをお粥にセットしていなかったようです。

炊飯器を洗う

おひつを取り出してみた。

炊飯器を洗う

まわりがご飯の糊でパキパキになってしまいました。画像は何日も経っています。さぼっていました。

 

まずは、食器洗い洗剤で。

炊飯器を洗う

時間が経っていたからか、薄くはってしまった糊があまり落ちていなかったので、はがしてみたら、きれいにはげました。

炊飯器を洗う

ぺリぺリ♪子供の頃を思い出しました。海水浴に行って日焼けをすると一番に鼻の頭と肩がむけてきました。今は肌の老化がこわくて海水浴は出来ません。

仕上げに、水の激落ちくんで磨きます。

炊飯器を洗う

炊飯器を洗う 炊飯器を洗う

プラスチックの経年劣化の部分はどうしようもないので、そこそこきれいになりました。

夫が亡くなって少し時間経過したからか、友達から飲みに誘われる事がぽちぽち。ありがたいです。そして、飲んでいる時は楽しいです。が、翌朝の喪失感がより一層大きく感じています。

今までは「お誘いがあればありがたく参加する。」のが、基本姿勢でした。しかし、先日は用事がある訳でもないけど、お断りしました。気配り上手の大好きなお友達のお誘いだっけど、正直に「ものすごく気力体力を消耗してしまう。」と連絡したら、

お友達は「大丈夫だよ。また元気になったら行こうね。」と返事してくれました。

飲んで後の喪失感、時間が解決してくれるかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です