新聞の告別式の案内

記録として残しておきます。

沖縄では家族や社員が亡くなると「告別式の案内広告」を新聞に掲載する事が割りと普通です。他の地域ではあまりそういうことはしないと聞きました。地域の有名人や名士などくらいだとか。また山梨の方から聞いた話で、山梨県は地域の新聞に無料で掲載するとか。

沖縄は地元の二紙に有料で載せるのが多いのかなと思います。名前を載せる人数によって金額が違います。

1人から8人までだと、¥66,000(税別)でした。喪主、子ども、兄弟、いとことか、名前の人数分で料金が決まるようです。二社に依頼する時は、一社と打ち合わせをすれば、情報を共有する事になっていました。十年ほど前は、二社それぞれと打ち合わせをしたように記憶していますが、思い違いかも。

私も今回、夫の告別式を新聞にだしました。

請求書が届いていたので支払いしてきました。両紙とも金額は同じですが、支払い期限がT社は告別式から2ヶ月。R社は告別式から18日後でした。

次は、早々に健康保険の手続きをしないといけません。夫の扶養に入っていたので、新たに国保に加入します。

保険証は昨日、夫の職場に返してきました。

昨日は絹さやとほうれん草を収穫したので(収穫といってもベランダ菜園ですから、ほんの気持ちくらいですが、夫婦二人くらいなら、十分ですよ。)朝の味噌汁と昼のおかずに使いました。美味しかったです。夫、ありがとうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です